S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
桜笑う
e0149941_13365128.jpg

花の写真は花を生けることの原点にも似ている。
触らないし整えないから生けるよりももっと原始的だ。

そこに咲いている姿を見て「あってよかったな」と思って撮る。
いい写真とか、構図がどうとか、作品としてとか、

そういう邪念の全部を忘れさせてくれるのが花を撮っているときのような気がするから好きだと思いながら、おはようございます。
# by kotanimasafumi | 2017-04-06 13:37 | ふぉと | Comments(0)
撮ること
今年の春は、どうにもこうにも桜に優しくない。
梅雨みたいに曇りと雨の日が続いて、風も強い。
気温もあまり高くなく、花付きも良くないし、花模様もグッとこない。

ただ毎年思うことは「さぁ自分の桜は、自分の手で探しに行こうぜ!」という訳だ。

ポストカードみたいに撮りたくても、天候に気候・時間帯などの条件がぴったり合わないと難しく。
それを撮りたい人が多くいれば、場所取りの競争率も大変で。

自分で撮ろうとは思わないけれど、あれはあれですごい事。
写真という趣味の、アプローチ方法の幅広さを実感する。
ただ自分の心に響いたものを、1つ1つ確かめながら
自分の感じる"良い"に最大限近づくよう、試行錯誤していく。

文章を書くのとよく似ている、感覚を形ある物に変換する過程。
他人に評価される、されないなどと考える事なく。
まずは自分が自分の為に心に問いながら、作り上げていく。

ただこれだけの事が、楽しくてやめられない。
# by kotanimasafumi | 2017-03-30 00:02 | つぶやき | Comments(0)
快と不快
乳児の頃は、「快」か「不快」の感情表現の仕方しか知らない。

それが成長につれ、
「快」「不快」の中身がどんどん細分化されていく。

「うれしい」「楽しい」「しあわせ」「穏やか」「心地いい」
「悲しい」「切ない」「悔しい」「怖い」「憎い」

言葉の獲得と並行して、感情の表出もできるようになる。
便利で豊かで平和な世の中になった今、「快」が多く「不快」は少なくなった。
不快が少なくなると、快も感じにくくなる。

するとどうなるか。

ー「怒り」が増える。

簡単に解決すること。
思い通りになること。

そういったことがありふれているから、当たり前のことに感謝しなくなる。そして、うまくいかないことが起こると、キレる。

生きていることのありがたさ。

与えられているという実感。
感謝を持って生きられることは幸せの始まり。

不便であるから、知恵が生まれる。
豊かでないから、尊ぶ心が育まれる。
平和でないから、人との繋がりが密になる。

便利で豊かで平和なのは素晴らしいこと。
そんな世の中でこれからもありたい。

ただ、その世の中に合わせて、
心の在るべきところを
問い直さなければ
心は反対に貧しくなっていくだろう。
# by kotanimasafumi | 2017-02-26 21:23 | つぶやき | Comments(0)
卒業設計
この時期の卒業設計や修士設計など建築学科にはとっては一大イベント。
大学や大学院で今まで培った思いをぶつけ、形にする。
何ヶ月もかけたものすごいボリュームのリサーチやアイディアには感銘する。
あちこちで開かれるそれらの設計展には足を運ぶようにしているのですが…

どれももちろんとても頑張っていて、自分の卒業設計を思い返したらその熱量も密度もクオリティも全然かなわないのですが。
学生の設計は実際に建つわけではないので、何を基準に評価するべきかいつも悩むところ。

やはりいつも思うことは一緒で。
これから社会に出て設計をする方にはぜひ社会性を身につけてほしいのです。
リアルな設計では自分の中ではなく相手の中から課題を見つける必要があります。
そのためにはきちんと人の話が聞けて、きちんとプレゼン(お話し)できる基本的な能力が必要。

その能力は社会に出て身につけようと思ってもなんだか遅い気がしていて、基礎はもっと若いうちに身につけなければいけないと思うので。
そう考えると自分の子どもたちに社会性が身につく環境を用意できているか・・・我が身を振り返ったりもします。

自分も、もっともっと頑張ります。
# by kotanimasafumi | 2017-02-25 21:52 | つぶやき | Comments(0)
エレガントな
elegant(adj)graceful and stylish in appearance or manner.

エレガントな時間が日常の中に少しあるといいなぁと思います。

この空のように優しく優雅で、スタイルも良く。

いつもより少し決まっている自分。

いつもより少しゆとりのある会話。

いつもより少しウィットに富んでいる友人。

『エレガントは姿であり、マナーである。』

つまり、どのようにその時間「振る舞うか」がキーポイント。

時間をそのためだけに用意する。

小さな喜びをみんなんで分かち合う。

好きなことを好きなまま表現する。

そうすれば、自分たちはエレガントに早変わり。

宮廷でお話ししている雰囲気です。

そんな時間を共有してくれる友人たちに感謝します。
# by kotanimasafumi | 2017-01-22 23:30 | つぶやき | Comments(0)
2017
e0149941_23395716.jpg

謹賀新年 | 中道

「中道」とは、人間の日々営みの中で「本当は何が正しいことか」と常に自身に問いかけること。
何事も一方に極端に偏らず、「ほどほどに」「好い加減に」「いい塩梅に」という正しいスケールを持ち計ること。

”頑張り過ぎず” ”怠け過ぎず” 自分の「分相応の生き方」で
しっかりと根を養うことに本年も励んで往きますw

今年も心動するお付き合いを、心よりお願い申し上げます。
平成丁酉
# by kotanimasafumi | 2017-01-05 23:40 | せいかつ | Comments(0)
不果実性
計画を仕事とする設計という行為によって、どうやって計画的思考を超えてゆけるか。
あいかわらずなかなか超えてはゆけない。

その超えてゆけなさの一つの原因は、形式として固有性を失いつつある、在来軸組を内装と外装でくるんでおしまい、というのを無批判に使ってしまっていることにあると思う。
工法として機能的、法規的、その他さまざまな要求に対する合理性があるものだけども、あまりに一般化しすぎて、そこに固有性、もしくは柄谷的な意味での社会性が生まれにくい。

工法としてリスペクトしつつ、どうやればそこにズレやゆらぎを与えることができるか、工法そのものが生き生きとしだすか、というのをちゃんと向き合って考えていかないと、いつまでたっても自分のつくるものは建築には到達できなんじゃないか、という気がしている。

そのためには、工法のそれぞれの要素や機能をひとつひとつ検証して、塚本さん風に言えば再び実践状態に戻す、というような作業が必要なんだろう。

建物としての機能を犠牲にすれば簡単だけど、そう言って、時間や予算を言い訳にしていてはいつまでたっても建築にはたどり着けない気がする。
# by kotanimasafumi | 2016-12-26 21:54 | つぶやき | Comments(0)
あべのハルカス
e0149941_21415581.jpg
e0149941_21421657.jpg
e0149941_21422424.jpg
e0149941_21423747.jpg
e0149941_21424798.jpg
e0149941_21425551.jpg

日ノ本一の超高層建築から。

16階からEVに乗って、60階までたったの45秒。
地上300mからの高みの見物。
美し夕焼け。

「ハルカス」の名前の由来は、「伊勢物語」の一節にある「晴るかす」(晴らす、晴れ晴れとさせる)。
まさに透き渡る空を一望する。
# by kotanimasafumi | 2016-12-23 21:50 | たび | Comments(0)
図面の密度
「図面描くほど高くなるか」問題。
地方の小規模な住宅程度の仕事を長く続けようと思えば、適度な密度で描く…
とはならない可能性もある。

描き足りないと、その現場は安くおさまる可能性もあるけれども、
次回からは想定以上に高く見積もられる可能性があって、次回以降のクライアントにしわ寄せが来る可能性がある。
当然、描いてないことの無理強いが通るかわからないし、現場の士気が下がる可能性は高い。

描きすぎると高くなるか、というのは正直分からない。
ただ、良い施工者にあたればいいけれども、そうでない場合、
情報量が多すぎると、ちゃんと図面を読み込めて無い可能性があり、
1から10まで気をつけないといけなくなる。(当たり前のことができてないだけだけど)

描くにしても、情報に優先順位をつけて、なるべく伝わりやすく書く、というのが大事で、描けば描くほどいいか、というとなかなか難しい。

予算が厳しいものがほとんどなので、優先順位の高いものはきちんと図面で指示して、その他は予算に応じて柔軟に対応する、というやり方でないと続けていくのは難しい気がしている。

描けるだけ描いて指示済みの状態にしてた方が現場の精神的負担は確実に減ると思うし、それが正統だと思う。
そこから一歩下がって緩さを保ちながらバランスを取るようなやり方もあるような気がする。

やっぱり、コストを考えた上で描くべきことは全てきっちり描く、というのが正解だと思う。
その上で如何に施工者の理解とのギャップをなくすように分かりやすく描くか。
図面だけでなく現場で考える、というのはあると思うけど、
図面もしくは設計、または計画の可能性を信じることができなくなったら、
それはアマチュアだと個人的には思う。

空間を変えうるのは思考の密度だと感じてるし、それはまずもって図面に現れる。
現場で絶えず試行錯誤ができるのなら別だけど、
計画でこそ繰り返し思考することが可能で、それを圧縮し、図面の密度、ひいては空間の密度に変換できる。
たぶんプロなら図面一枚見たらどの程度の密度か一目で分かる。

その密度をどうやったらあげられるか、をいつも考えてるけど、言うは易く行うは難し…。
# by kotanimasafumi | 2016-12-15 00:44 | つぶやき | Comments(0)
体を動かす
野良仕事や単純作業にのめり込む。
すると頭のなかが整理整頓されるスペースがあく。

するとそこにどこからともなく新しいアイデアや疑問の答えが沸いてくる。

上手く体と心が動き始める。
だから昔の人みたいにちゃんと体を使って働くことは大事だと思う。

あれやこれやと
くどいことをしていると
なんと頭の中に複雑な街ができてパンパンになる。
回りくどくゴチャゴチャしてるわりに中身がない見かけ倒しな感じ。

お百姓さんの話はスッキリしていて核心をついていて消化しやすいのに凄く体に良い感じがする。

体を使おう‼
# by kotanimasafumi | 2016-12-04 21:37 | つぶやき | Comments(0)