人気ブログランキング | 話題のタグを見る

plug
by kotanimasafumi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
クリスマス
クリスマス_e0149941_09503882.jpg
今日の言葉

どうぞ忘れないで
移ろう時代の中から
あなたを照らし続ける
希望という名の光を
あなたを照らす光を
希望という名の光を

『山下達郎「希望という名の光」』

# by kotanimasafumi | 2023-12-24 09:49 | Comments(0)
建築と工芸
昔訪れた街に有名な建築家がデザインした図書館があった。
自分はこの作品が嫌いだった。
ガラスやアルミニウムの板をランダムに取り付けた外観は割れた鉄瓶の破面みたいで目に煩いし、
そのせいで周囲に撒き散らされる太陽の反射光も不快であった。
木を多用した内装は和風を謳っているのだが、
茶室のシンプルさとは真逆を行く過剰な装飾のせいで中々落ち着けない。
さらに言えば地場と縁深い素材を用いた外観や日本の伝統を強調する内装は郷土愛や祖国愛を強要するかのようであった。
おまけにその個性的な外観が周囲のビル群と上手く馴染んでおらず、どこかちぐはぐした印象を受けた。
ただ、こんな建築物でも人跡稀なアルプスの深山で雪に塗れながら佇んでいれば、
幾らか見れるものになるような気がする。
あるいは建築家の作品図録に周囲の景観をトリミングした写真として掲載されていたら。
自分がこの図書館に魅力を感じないのは、建築物そのものが好みじゃないというのもあるが、
建築物と周囲の景観、環境との不調和がそれに拍車をかけているように思う。
逆に好きだったのはその街の美術館である。
壁面にガラスを多用、というか正面側の壁はほぼ全てガラス張りになっている。
公園の一部として建てられたこともあり、
同館を取り巻く青い空、白い雲、澄んだ水と良く調和していた。
館内からは一面のガラスの向こうに雄大な山々を望む事ができた。
内装に木を用いているのは図書館と同じだが、使い方がより抑制的であり、心が安らいだ。
美術館というのは第一に作品を見せるための場である。
場そのものが煩いようでは役割を果たせない。
図書館もまた本を読むための場所であり、当然静かであることが求められるはずだ。
なのに図書館が1番煩いのだから本末転倒である。
図書館と美術館では恐らく図書館の方が技術的に高度でデザイン的にも評価が高いのだろう。
しかし建築物というのは技術の高さやデザインの優劣を競うためにあるのだろうか。
政治的ないし宗教的理由で建てられるものは別にしても、建築物はそこを使う人、その街に住まう人のために存在するはずである。
奇抜な建造物はランドマークや観光資源となる可能性もあるけれど、
だからといって旅の人のために地元民は景観上の不利益を我慢しろと言うのか。
中国や日本には庭園を設計する上で「借景」という発想がある。
庭というメートル単位で区切られた領域の外側に存在する山や川を、空や雲を、月や星を、時には人工の建造物さえも、庭の構成要素として流用するのである。
景観を利用して庭園の魅力を高めている訳だが、これは借りている景観が損なわれると庭園の魅力もまた損なわれることを意味する。
そのため自治体によっては景観を破壊するような建造物の設置を禁じる条例を施行している。
魯山人作品のコレクションでも知られる足立美術館は庭園を守るため借景として利用している山まで購入したという。
奇抜な建築物が駄目だとは思わない。
しかし自分は、景観と調和しない奇抜な建築物より、景観と調和する平凡な建築物の方を好む。
建築物というのは、景観と無縁では存在できない。
もし周囲の景観からして奇抜な所に奇抜な建築物を建てたなら、それはそれで面白そうである。
こういう発想はテーブルコーディネート、食卓のモンタージュと相通ずるように思う。
食器を建築物、テーブルやインテリアを景観に見立てるのである。
単独で見た場合には面白い食器やぐい呑みだとしても、
いざ使ってみたら思ったより勝手が悪かったり、
他の食器やインテリアと調和していなかったり、どこか違和感が残ることがある。
あるいは作陶家の名前や経歴、肩書きをありがたがったり、素材の適性より希少性を喜んでみたり。
ただ、建築物の方は器と異なり、使い勝手が悪くてもホワイトボックスに展示できないのが難点である。

# by kotanimasafumi | 2023-11-29 15:07 | つぶやき | Comments(0)
おおらかな土地と建築が支える未来
「ラコリーナ近江八幡」再訪。

自然と建築の間をどう架橋するのか−藤森照信−。

屋根が芝生に覆われ、山から切り出した皮をむいただけの柱が並び、壁に泥を手で塗った仕上がり、

中心に設置された田んぼ。

大地が隆起してできたのか、丘が整理され作り上げられたものなのか。

全貌は明らかに普通じゃないけど心に染みて、不愉快さを感じない(其れがどれほど難しいことか)。
まだ新しいはずなのに、どこか懐かしさも感じる。

前回来た春先の頃よりも、山々は緑に覆われ、さらに風景に溶け込む。

風景、四季に応じて姿を変え続ける稀有な建築。

地域の企業としてのこれからの役割もしっかりと見据えながら、自然、風土、歴史を遠い未来にまで引き継いでいこうとする意志、
「如在」
あるがままを受け入れる。

地域も巻き込むような大きな構想を、おおらかな大地と建築が支えていた。

# by kotanimasafumi | 2023-11-10 15:11 | けんちく | Comments(0)
学者的あるいはタイムトンネルの先に
自分の仕事の1つは築20〜40年の建物1棟をリノベーションすることです。
リノベーションのイメージってどういうものでしょうか?
多くの方に馴染みがあるマンションでいうと、
部屋の中の壁を壊してレイアウトの変更をするぐらいでしょうか?
自分の場合は、隣の部屋同士をくっつけてしまったり、
1階をカフェにしてしまったり、
エレベーターを設置してしまったりともっと大胆なことを計画し、リニューアルを行います。
部屋の中だけの範囲というのは建築基準法に非常に守られた空間です。
余程のことをしない限りはDIYでも違法状態にはなりません。
でも1棟リノベーションは、新築同様に法に深い理解がなければいけません。
建築基準法は、世の中に起こる事柄の中で厳しくなったり、皆さんが求めるものを普及するために緩和したりを常に繰り返しています。
そのため、目指したい未来の形に対して、過去と今現在を行き来しながら向き合っていかなければいけません。
その作業を行う度、自分は設計者というより、
学者のような、タイムトラベルをしているような気持ちになるのです。
まず、存在する建物を知らなければ、何の計画もできません。
デジタル化されていない紙の図面や当時の資料を、その時代の法律に沿ってできていることを理解します。
資料の数も物件により様々で多くの場合は少ないのですが、
少ない情報を手がかりに復元をしたり、推測しながら役所に確認したりします。
法の内容が変わって、現行法に適さなくても当時の法に沿って建って入れば、
既存不適格という是正を行わなくても良い状態になっています。
これをベースにあらゆる可能性を広げていきます。
店舗ができるか、ラウンジを設けることができるか、
床面積を増やすことができるのか、、、
物理的な有無と収益性、コストと判断材料を洗い出します。
※実際は他にも各済証や消防法などの様々な検討を行います。
□今現在を知る
建物ができた当時を頭に入れ、現場調査をしてみると、図面とは違う状況に出くわします。
設備が修繕されて既存のまま利用できるという良い面や、実は黙って増築されていたり。
過去と照らし合わせて、直すべきところは直さなければ、次のステップには進めません。
また、周辺環境や世の中のニーズを知ることも、
未来にあるべき形を考える上で大事な手がかりになります。
駅から遠ければ、車や自転車通勤が多いかもしれませんし、
飲食店が少なければ、コーヒーを飲んでくつろげる場所が求められているかもしれません。
□未来を創造する
洗い出した可能性、周辺環境、ニーズから、定めたターゲットに対して、
何を提供するかコンテンツを考えていきます。
単なる駐車場が1階にあった場合に、素敵なカフェになれば、より地域に開きますよね。
でも、駐車場が外にあるのか、半屋内で面積に入っていないのか、屋内で面積に入っているのかで、まるで解決方法のアプローチが違うのです。
そのために、過去の計画を正しく理解し、1つ1つ解決していかなければいけません。
そうして、競争力の低下した建物をリニューアルして、多くの人に慕われるものにします。
自分もこの仕事に関わるまでは、リノベーションは新築より簡単なものだと思っていました。
でも、非常に制限がある中で、どこまでジャンプできるのか。
そのために何度も過去の図面とやりたい計画と今の現状とを行き来しながら物事を進めていく過程に難しさと面白さを見出しました。
なにより何を残して、何を引いて、何を足すか、センスが問われるということ。

# by kotanimasafumi | 2023-10-27 14:46 | つぶやき | Comments(0)
残るもの、残らないもの
残るもの、残らないもの_e0149941_14445377.jpg
菊竹さんの建築はとにかく才気走っています。
どの位才気走っているかというと、実際に見ると才気が立ちすぎて、むしろ建築が霞むレベルです。
建築というより結晶みたいな感じで、全部じゃないですが奇跡みたいに思える作品もあります。
上手いとか、そういう感想を超えます。
建築小僧としては垂涎の作品群なのですが、
一方で微妙ーーーに建築の体感がずれる感覚があるな…という感じをずっともっていました。
なんというか、内部に入ってもずっと外から見ている感じで、建築の中に入った感覚が薄いのです。
独特のアメニティ感の欠如というのか…わかる人にだけわかればいい孤高さというか。
つまりはエロがない。スピリットが立ちすぎて肉がない感じ。
先の結晶云々はもちろん比喩ですが、
結晶は重力より段違いに強い分子間に働く力で出来るものですから、
重力よりもっと強い自律的な力の存在を感じる、ということかもしれません。
ちなみにここでいう重力ももちろん比喩で、言うなれば人間社会が建築を成立させる時に作用する諸事情、ということになるでしょう。
その点、例えば丹下建三や前川國男の作品は対照的で、遠目ではダイナミックでブルータルに見えて、近づくとおもてなし感に溢れてるといつも思います。近づいた時のおもてなし感はレイモンドなんかもそうです。(ただしレイモンドは遠目で見えるほどの存在感には欠ける。…遠目も比喩ですね。)
エロ…というか、丹下さん前川さんの場合は雑味の方が適切かなぁ。
内部に入ると外から見た時の求心的な存在感が薄れ、その体験は雑味に溢れ楽しい。
ちなみに安藤建築は私の個人的見解だと、雑味は薄くエロ側に大きく振れています。
菊竹さんはエロも雑味も極僅でスピリットが溢れてます。
建築における雑味の欠如とは、つまり建築を理解する時のチャンネルが限られているということだと思います。
平田さんの言葉で、チャンネル=絡まりしろ、と言ってもいいです。
菊竹建築の回路はわかる人にだけわかる仕様だが、
例えば丹下建築は特に建築に詳しくなくても何かしら理解できる引っ掛かりがある。
それが、つまりは絡まりしろということなんだろうと思います。
建築における絡まりしろとは、
別に座って外見るカフェスペースが多いことではなく、
こうした懐の深さを指すのだと思います。
都城市民会館は明らかに突出した建築作品であるにもかかわらず、
保存を望む声も大きかったにもかかわらず、最終的に地元は解体という選択をしました。出雲もそうです。
建築プロパーからすれば誠に忸怩たる思いです。あまりに勿体ない。
でもうちらが勿体ないからアンタお金出して保存してね、ってわけにはいきません。当然です。
一方、丹下作品のすべてを網羅してるわけではないですが、
代々木の競技場は改修して使われ続けますし、
クェート大使館は一時建替えが本格的に進みかけたけれど、
どうやら延命が叶いそうなもようとのこと。
レイモンドの群馬音楽センターもしかり。
平たく言えば愛される建築ということですが、
「愛される」の中身はチャンネルの多さ、なのではないかと。
地元が負担を背負いながらそれでも残すかどうか、
という背に腹は変えられない局面に立った時、
最終的に効いてくるのが、建築物としての価値もさることながら実はこうした多チャンネル性、
あるいは懐の深さなのか…ということを今回の件を通してすごく思ったのです。
最終的にはその建築が自分にとって意味のある場所だと思う人がどのくらいいるか、なのでしょう。
この件については保存運動の方法論という切り口もあると思いますが、
それとは別に、社会に残っていくものと残らないものを分ける容赦ない分水嶺が可視化されたという印象を持っています。
ちなみに、自分自身は都城市民会館はまだ見たことはありません。

# by kotanimasafumi | 2023-10-10 14:41 | けんちく | Comments(0)