S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
なんとなく

なんとなく好きな雰囲気の家。
なんとなく住みやすそう。


今日ご相談に伺った際に話してくれた「なんとなく」はとても正直でとても嬉しいことばでした。

シラスの左官壁とシナ材の優しい肌触り。
その素材感がやさしい空間を作ってくれています。
こういうやさしい雰囲気がなんとなく好き、そういう表現でも充分。


逆になんとなくモヤモヤする、というのも大事。


家づくりをする上で、嫌な気持ちに蓋をすると、生活を始めてからその蓋は開いてしまいます。

なんとなく、を読み取りそれを図面化、言語化、視覚化するのが建築家である自分の仕事。
それを暮らしの中から読み取るのもとても面白いものなのです。


# by kotanimasafumi | 2018-06-10 06:45 | つぶやき | Comments(0)
志願
使命を終えて帰路につく…
青い大空に向かってw

使命感が宿す勇ましさ!
そりゃその勇姿を見たら誰しも憧れるって…。

e0149941_06145239.jpg
e0149941_06152611.jpg
e0149941_06150492.jpg
e0149941_06151001.jpg
e0149941_06151508.jpg
e0149941_06152248.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-05-21 06:18 | せいかつ | Comments(0)

朝は儚く、
昼は優しく、
夜は妖しい。


本気を出した桜の”女っぷり”は半端ない…。


桜泥棒…。

e0149941_06052705.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-04-05 06:06 | たび | Comments(0)
終わりの始まり

1月は、往く。

2月は、逃げる。

3月は、去る。


2018年が始まって3ヶ月。

90日余りが消化して、3月も早今日で最後。

特にこの時期は移り変わりのある独特な空気感ある日々かと思います。
卒業というワードが飛び交ったり…。


環境的には何も変わらないけど、意識的には変わっていけたらと思います。

今日で何かが終わったとしても明日からまた何かが始まる。
変化があったとしても不安抱えるよりワクワクを持っていけたらいい。

e0149941_09262433.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-03-31 09:26 | つぶやき | Comments(0)
図面の線

自分の考えていることを、自分の思う正確な言葉で表すのはとても難しい。

エスキス時においても書く時点でも書いては消し、消しては書きしたし、出来た図面をみると思ったことの半分も表現できていないような。

でもこれで言いたいことは言えているような…。


少なくとも“思っていないこと”は書いていないので、ひとまず良しとする。


こうして考えると、人がどこかにアウトプットする線や文字や話す言葉は、その人の思考の何百、何千分の一位なんじゃないかなと思えてくる。
自分の中にふわふわと浮遊している感情のほんの一部だけが、外の世界へ出てきて来られているような。
その時つかみきれず外へ出なかった感情も、あるとき何かとつながって、いつか表舞台へ登場する日もある。
そんな感じで、自分の中に存在する、外に出たがっている感情や言葉を探す日々。


自分で自分の考えをつかまえて外に出すのも技術ということ。

そして表に出す時に忘れないようにしたいのは、図面という線は書く人と見る人がいて初めて成立するということ。
書く人は「上手く表現できた!」と思っても。見る人がその通り捉えるとは限らない。
人の受け止め方は十人十色。


“自分の描いた線は、どんな風に捉えられるだろう”。

そんな想像力を動かすことも忘れないで書いていきたいと思います。



# by kotanimasafumi | 2018-03-13 09:11 | つぶやき | Comments(0)
普通のことを不思議だと思うセンス
最近気になっていることばの中にこんなものがある。

"好奇心を生むためにもっとも必要なのは5W1Hではなく、「WONDER」、普通のことを不思議だと思うセンスだ"

ハッとした。けどハッとしただけで、まだ自分が感じたなにかを捉えられずにいた。
だからこのことばを分解してみた。

▶︎5W1H why|なぜ who|誰が what|なにを where|どこで when|いつ how|どうやって

▶︎wonder 名詞|驚異、驚嘆、驚き、 驚嘆すべき[不思議な]もの[人・出来事]、(自然界などの)奇観、奇跡 形容詞|驚くべき、驚異の、すばらしい、魔法の、魔力のある 動詞|不思議に思う、驚く、怪しむ、疑わしいと思う、いぶかる、思案する、知りたいと思う

▶︎sense 名 詞|感覚(機能)、(漠然とした)感じ、気持ち、感じ、意識、(美・方向などに対する本能的な)センス、勘、判断能力、(知的・道徳的な)感覚、観念 動 詞|感じる、感づく

以上を踏まえると、こうなった。

好奇心を生むためにもっとも必要なのは「なぜ」「誰が」「なにを」「いつ」「どこで」「どうやって」ではなく、「驚き」普通のことを不思議だと思う感覚だ。
なに言ってんのか余計わかんなくなった。ので、言い換えた。

5W1Hよりも普通のことをWONDERするセンスを磨いたほうが好奇心でるよ。
うんうん、少し前進。これを分解。

「なぜ」「誰が」「なにを」「いつ」「どこで」「どうやって」よりも普通のことに「驚く」感覚を磨いた方が好奇心でるよ。
あ、なんとなく分かりやすくなった気がする。さらに言い換え。

ものごとを「深掘り」するより、そもそも「それってすごいことじゃね?」って思える感覚磨け。そしたらオマケに好奇心ついてくっから。

あー、そういうことね!
5W1H思考を意識しながらものごとを捉えることが多かったせいか、理論的な思考パターンにズドーンとハマってた。
もっとワクワクしよう。ただそれだけ。
それだけのことが、人生の中ではすんごい重要なんだなって。
そう再確認。

今まで何回も気付いてたのに、すぐに見失ってしまう感覚。ハッとしたのは、自分の中の好奇心がなくなってたことだったと気付いた。
もちろん5W1Hはすごくいい思考法だし、これからもバシバシ使っていく。
けどWONDERの後の5W1Hはもっと良い答えを探し出してくれる気がする。
そのためにも「普通のことを不思議だと思うセンス」ゴシゴシ磨いてみようと思う。


# by kotanimasafumi | 2018-02-26 05:38 | つぶやき | Comments(0)
2018
e0149941_08055233.jpg
謹賀新年 | 凡事
--
『凡事徹底』
【誰にでもできる平凡な事を、誰にもできないくらい、徹底して続けました。
そのおかげで、平凡の中から生まれる「大きな非凡」を知ることができました】

イエローハット創業者である鍵山秀三郎さんのお言葉。

鍵山社長は良い社風を作るため、トイレの掃除を自ら始めたと言います。
「トイレ掃除のような生産性がないことをやっているより、もっと経済性の高いことをやったらどうか」という非難の声が圧倒的であったといいますが…。
しかし逆境にくじけず、50年以上 トイレ掃除を続け、自己の道を貫いたそうです。

掃除をする中で、本当に汚いのは おごりや慢心、愚痴、不平不満を募らせている「自分の心」であること。
心に積もり続けているゴミを掃除しない限り、人の心は晴れない…。
心のゴミを払って初めて、本当の生き方が出来るのだと気が付きました。
--

ひと掃きするごとに 心の塵が消え、雑巾でひと拭きするごとに 心の輝きが増す。
掃除をしてピカピカになると、心まで引き締まってきれいになるから不思議です。

「心の大掃除」から始まる一年です。

今年も忖度しながらもお付き合いを、心よりお願い致します。
平成戊戌


# by kotanimasafumi | 2018-01-03 08:04 | つぶやき | Comments(0)
続ける

なかなか難しい事である。続けるということは。

ただ、難しく感じるから難しいのであって、あと、無理矢理続けようとするから難しいんだということにも気がついている。

続けるのが難しければ、よく考え直した方が良い。

続けるべきなのか、そうじゃないのか。続けた方が良いのか。

もちろん未来は予測不可能なので、どちらに転ぶかは分からないが、なぜ続けるのが難しいのかは、よく考えた方が良い。


これが、良かったのか悪かったのか、分からないが、今時点では、結果的に良かったんじゃないか、と思っている。

それが、『良かった』と言えるようになるには、今、継続している仕事を続けて『辞めなくて良かった』という未来が訪れた時、笑顔で言えるんだろう。

そう言える時を、一刻も早く迎えるために、続ける。

明日も、新たに。

続けること。

良い事ばかりじゃないけど、自分は結構好きだ。

さぁ、明日も頑張ろう。


# by kotanimasafumi | 2017-12-03 08:15 | つぶやき | Comments(0)
胡子大祭
恵比寿様に願いを託し。
冬の訪れ、胡子大祭☆
初冬の寒さを跳ね返す大繁盛w
今年も商売繁盛、宜しくお頼み申す!

e0149941_07552052.jpg

# by kotanimasafumi | 2017-11-19 20:55 | たび | Comments(0)
レゴ

レゴは緻密で奥深いw
遊びを自由にさせる発想力w

10,496,352個のレゴ®ブロック☆

e0149941_07395884.jpg
e0149941_07395988.jpg
e0149941_07395960.jpg
e0149941_07400104.jpg
e0149941_07400098.jpg
e0149941_07400156.jpg
e0149941_07400135.jpg
e0149941_07395840.jpg
e0149941_07400260.jpg
e0149941_07400255.jpg

# by kotanimasafumi | 2017-11-04 07:37 | たび | Comments(0)