plug
by kotanimasafumi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
快と不快
乳児の頃は、「快」か「不快」の感情表現の仕方しか知らない。

それが成長につれ、
「快」「不快」の中身がどんどん細分化されていく。

「うれしい」「楽しい」「しあわせ」「穏やか」「心地いい」
「悲しい」「切ない」「悔しい」「怖い」「憎い」

言葉の獲得と並行して、感情の表出もできるようになる。
便利で豊かで平和な世の中になった今、「快」が多く「不快」は少なくなった。
不快が少なくなると、快も感じにくくなる。

するとどうなるか。

ー「怒り」が増える。

簡単に解決すること。
思い通りになること。

そういったことがありふれているから、当たり前のことに感謝しなくなる。そして、うまくいかないことが起こると、キレる。

生きていることのありがたさ。

与えられているという実感。
感謝を持って生きられることは幸せの始まり。

不便であるから、知恵が生まれる。
豊かでないから、尊ぶ心が育まれる。
平和でないから、人との繋がりが密になる。

便利で豊かで平和なのは素晴らしいこと。
そんな世の中でこれからもありたい。

ただ、その世の中に合わせて、
心の在るべきところを
問い直さなければ
心は反対に貧しくなっていくだろう。
by kotanimasafumi | 2017-02-26 21:23 | つぶやき | Comments(0)
卒業設計
この時期の卒業設計や修士設計など建築学科にはとっては一大イベント。
大学や大学院で今まで培った思いをぶつけ、形にする。
何ヶ月もかけたものすごいボリュームのリサーチやアイディアには感銘する。
あちこちで開かれるそれらの設計展には足を運ぶようにしているのですが…

どれももちろんとても頑張っていて、自分の卒業設計を思い返したらその熱量も密度もクオリティも全然かなわないのですが。
学生の設計は実際に建つわけではないので、何を基準に評価するべきかいつも悩むところ。

やはりいつも思うことは一緒で。
これから社会に出て設計をする方にはぜひ社会性を身につけてほしいのです。
リアルな設計では自分の中ではなく相手の中から課題を見つける必要があります。
そのためにはきちんと人の話が聞けて、きちんとプレゼン(お話し)できる基本的な能力が必要。

その能力は社会に出て身につけようと思ってもなんだか遅い気がしていて、基礎はもっと若いうちに身につけなければいけないと思うので。
そう考えると自分の子どもたちに社会性が身につく環境を用意できているか・・・我が身を振り返ったりもします。

自分も、もっともっと頑張ります。
by kotanimasafumi | 2017-02-25 21:52 | つぶやき | Comments(0)