S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
選択の自由。
選択の自由。
どんな選択をするかは「答え」を決める行為であるけれど、そもそも目の前の「それ」がいくつの選択
肢を持つか?という事をどれだけ感じられるかが最近気になっています。
選択のディティール、とでもいいましょうか。

相手の意見を聞くかどうかも自分の自由。
嫌だと思うか思わないかも自分の自由。
選ぶのも選ばないのも自分の自由。
それを選択肢と思うかどうかも・・・。

普段気をつけてはいても、いかに自分が当たり前の感覚で色々な事を無意識化に見、
放っているかを思い知らされました。
「どれだけ細かい事を目の前から拾えるか、その感覚があれば自分らしい人生は送れるよ。」
そう言われているような傑作の一本に巡り会えた事もまた選択。
by kotanimasafumi | 2015-04-28 05:14 | つぶやき | Comments(0)
相対的には
考えてみると、都市のヴォイドというのは相対的なもの。
空白が埋まれば、また別の空白が生まれる。
個人的にビルの屋上は「最後の避難所」であってほしいが、
もしそこがプログラムでぎちぎちに埋められていたら、
むしろ地上のほうが逃げ場になるだろう。

都市をこちら側から見るか、向こう側から見るか。
「向こう側」はしばしば忘れられ、ざっくりと「役割を終えた」などと評されるのだが、
実際にそこに立ってみると都市像そのものが揺さぶられることがある。
by kotanimasafumi | 2015-04-10 22:23 | つぶやき | Comments(0)
表現が、人にもたらす効果
建物全体を見るともなく見る。
それまで無機質に感じられた空間にあたたかな日差しが差し込んでいく。
団地全体が有機的なつながりをから成る、まるでひとつの共同体のように思えた。

そう、団地には、窓の数だけ人の営みがある。
その営みのなかで毎日巻き起こる、様々な喜怒哀楽。
その喜怒哀楽にそっと寄り添っている。
絵というひとつの表現が、人にもたらす効果。

その可能性。
by kotanimasafumi | 2015-04-02 22:10 | つぶやき | Comments(0)