plug
by kotanimasafumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
処方箋
たとえ変哲のないモノやアイディアでも、人の思い入れが強ければ強いほど重要な要素になります。

最近、建築家はまるで医者のようだと感じています。

クライアントが抱えている問題や理想をすべて問診して、ひとりひとりに合った対処ができるよう処方箋(設計図)を書く。処方箋にしたがって薬剤師が薬を処方するように、設計図にしたがって工務店が建物をつくる。

そう考えると、処方箋や設計図がみんな同じでいいはずがないですよね。どんなに性能のいい建物でも、実際につかう人と合ってなければまったく価値がありません。

今日から新しい挑戦となるプロジェクトで仕事。クライアントの言葉ひとつひとつを丁寧に拾い上げたいと思います。
by kotanimasafumi | 2012-10-15 03:03 | つぶやき | Comments(0)
彼岸花
e0149941_2212841.jpg
9月と言えば彼岸花。

秋の彼岸の頃に咲くから「彼岸花」。
その真っ赤な色、繊細な細さ、アゲハ蝶が集う、あぜ道との反対色のコントラスト、突如地面からニョッキリ現れる様、毒がある事、なかなか怖い別名をたくさん持っている所、ただ「きれい」では終わらせない、なかなかに奥深い花。

好きだ。

この花、仏教っぽい「曼珠沙華」という名前の他に、死人花、地獄花、幽霊花、火事花…なんていう不吉な二つ名もあるらしくて、「家に持って帰ると火事になる」とか言われたりするそうだ。

自分も幼少のみぎり、祖母より、「彼岸花は毒があるから摘んではいけない。もし触ったらしっかりと手を洗うこと。」と教えられました。
by kotanimasafumi | 2012-10-02 01:00 | たび | Comments(0)
静かなる鼓動
静かな建築に惹かれる。

環境の中に建物が存在することから始まる。佇まいが全てを語るような。あえて言葉にすると、凛とした佇まいや、品を醸し出す建築。そこでは建築が多くは語らなくとも、ボリューム感、プロポーションだけで建築は成立できる。

建物内部に入ると、空間の構成によって、巧みに空間の大小や空間の連続、内外の境界が演出され、何もなくとも心に訴えかけてくる建築がつくれる、そこでは平面や断面の基準となる芯が全てを律する。大工の世界では、墨(通り芯)は、後輩に任せるのではなく、大工の棟梁が自ら打つべきものだという。

見る者によって質素なものの中に見いだされる情緒、そういう美のあり方に惹かれる。
by kotanimasafumi | 2012-10-01 15:46 | つぶやき | Comments(0)