S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
64年の月日に
間もなく今年もこの日がやってくる。
広島に刻まれた碑。
それを前にして知った事実。

旧陸軍被服支廠倉庫が解体


広島市が被爆建物リストとして登録している被爆建物は爆心地から半径5km以内に残る91件。
しかし1993年以降、14カ所で解体されている。

1993年4月 広島赤十字・原爆病院(陸軍病院赤十字病院)=中区千田町
1994年3月 頼山陽記念館(頼山陽博物館)=中区袋町
1997年1月 日本通運広島海運支店倉庫(広島陸軍糧秣支廠倉庫)=南区宇品海岸
       ◇法雲寺・山門(法雲寺・山門)=南区宇品御幸
1997年9月 福屋幟町別館 (広島中央放送局流川演奏所)=中区幟町
2002年6月 山口銀行本通支店(大林組広島支店)=中区本通
       ◇善教寺・本堂・庫裏(善教寺・本堂・客殿)=南区比治山本町
2003年5月 法真寺・本堂(法真寺・本堂)=南区宇品御幸
2005年1月 県立広島商業高(陸軍兵器学校広島分教室)=中区舟入南
2006年8月 広島大付属東雲中(官立広島師範学校講堂・職員室)=南区東雲
2007年2月 日本郵政公社倉庫(陸軍幼年学校ボイラー室)=中区東白島町

そして、また一つ礎が壊されていく。

しかし、旧陸軍被服支廠倉庫の年間の維持管理費が40万~400万円。
そして改修には一棟あたり約30億円。
建築物は利用されてこそ価値がある。
いくら建築的に価値があろうが、被爆建物であろうが、ただのオブジェでしかないならば、税金を莫大に投資して維持管理するのは難しいのは分かる。
しかし、街並みが様変わりしていく中、月日の流れなので仕方がないとはいえ、歴史を一枚一枚はがされていくようだ。

またパネルや写真、資料をデータベース化が進んでいるという。
それをして何が残るのか?

伝えるとは何なのか?
残すとは何なのか?
嘘偽りのない真実とは何なのか?

多数の犠牲者が出たことは事実。
それは加害・被害という単純な構図で語ることが出来るほど単純なロジックではない。
太平洋戦争の背後には世界経済のブロック化・中国での利権を巡る列強の対立があり、さらにその後ろには欧米列強の植民地獲得競争があり…

東京大空襲、沖縄戦だけでなく、現在進行形のソマリアやイラクでの紛争においても同じことが言える。
戦争というものを結果的に連帯することは可能だけど、それぞれを比較することはできない。
「一発で人類を滅亡させ得る」核兵器が世界で初めて広島と長崎に落ちたという事実は、いかなる理由であっても消し去ることは出来ないし、広島と長崎はこれを伝える責務がある。

そして、今を生きる自分にとっての責務とは何なのか…
ヒロシマに立つ人間として何が出来るのか…
考えは止まない。
by kotanimasafumi | 2009-07-24 23:59 | つぶやき | Comments(0)
神秘
e0149941_11323359.jpg

Solar eclipse | 0.86 11:01 FUKUYAMA


感動の瞬間。
雲の隙間からうっすらと見えた。

次は26年後の2035年9月2日。
3年後の2012年5月21日には金環日食が見られるらしい。
by kotanimasafumi | 2009-07-22 11:34 | せいかつ | Comments(0)