S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:つぶやき( 127 )
図面の密度
「図面描くほど高くなるか」問題。
地方の小規模な住宅程度の仕事を長く続けようと思えば、適度な密度で描く…
とはならない可能性もある。

描き足りないと、その現場は安くおさまる可能性もあるけれども、
次回からは想定以上に高く見積もられる可能性があって、次回以降のクライアントにしわ寄せが来る可能性がある。
当然、描いてないことの無理強いが通るかわからないし、現場の士気が下がる可能性は高い。

描きすぎると高くなるか、というのは正直分からない。
ただ、良い施工者にあたればいいけれども、そうでない場合、
情報量が多すぎると、ちゃんと図面を読み込めて無い可能性があり、
1から10まで気をつけないといけなくなる。(当たり前のことができてないだけだけど)

描くにしても、情報に優先順位をつけて、なるべく伝わりやすく書く、というのが大事で、描けば描くほどいいか、というとなかなか難しい。

予算が厳しいものがほとんどなので、優先順位の高いものはきちんと図面で指示して、その他は予算に応じて柔軟に対応する、というやり方でないと続けていくのは難しい気がしている。

描けるだけ描いて指示済みの状態にしてた方が現場の精神的負担は確実に減ると思うし、それが正統だと思う。
そこから一歩下がって緩さを保ちながらバランスを取るようなやり方もあるような気がする。

やっぱり、コストを考えた上で描くべきことは全てきっちり描く、というのが正解だと思う。
その上で如何に施工者の理解とのギャップをなくすように分かりやすく描くか。
図面だけでなく現場で考える、というのはあると思うけど、
図面もしくは設計、または計画の可能性を信じることができなくなったら、
それはアマチュアだと個人的には思う。

空間を変えうるのは思考の密度だと感じてるし、それはまずもって図面に現れる。
現場で絶えず試行錯誤ができるのなら別だけど、
計画でこそ繰り返し思考することが可能で、それを圧縮し、図面の密度、ひいては空間の密度に変換できる。
たぶんプロなら図面一枚見たらどの程度の密度か一目で分かる。

その密度をどうやったらあげられるか、をいつも考えてるけど、言うは易く行うは難し…。
by kotanimasafumi | 2016-12-15 00:44 | つぶやき | Comments(0)
体を動かす
野良仕事や単純作業にのめり込む。
すると頭のなかが整理整頓されるスペースがあく。

するとそこにどこからともなく新しいアイデアや疑問の答えが沸いてくる。

上手く体と心が動き始める。
だから昔の人みたいにちゃんと体を使って働くことは大事だと思う。

あれやこれやと
くどいことをしていると
なんと頭の中に複雑な街ができてパンパンになる。
回りくどくゴチャゴチャしてるわりに中身がない見かけ倒しな感じ。

お百姓さんの話はスッキリしていて核心をついていて消化しやすいのに凄く体に良い感じがする。

体を使おう‼
by kotanimasafumi | 2016-12-04 21:37 | つぶやき | Comments(0)
熱意
建築をつくっていくうえでは、時として熱意がとても大切なように思います。
自分が出来なくても、熱意によって人の力を引き出したり、協力してもらうことで、超えていける事は多々あるのだから…。

その熱意があるからこそ、建築にひたむきに取り組むことが出来、大きく成長できるのではないでしょうか。

時間のせいにしたり、人のせいにしたり、怠けたり、疎かにしたり…
弱い方向や甘い方向へと気持ちが行きがちになりますが
空間を担うものとして関わった人みんなが、前向きに建築に取り組んでいけるような、そんな環境をつくれる自分になりたいと。
by kotanimasafumi | 2016-07-15 22:28 | つぶやき | Comments(0)
追う
建築をつくる時も同様に出来るかどうかの答えを自己完結してしまう事は、可能性を自ら狭くしている様に思います。
大切なのは諦めずに追い続ける事なのではないでしょうか? 

その姿勢が伝わるからこそ人の気持ちが動き、建築が成り立っていくように思います。
簡単に諦めずに良い建築を追い続けたいと思います。
by kotanimasafumi | 2016-06-30 22:38 | つぶやき | Comments(0)
有り難し
「ありがとう」の語源は「有り難し(ありがたし)」。
「有ることが難しい」=ほとんど あり得ないという意味。

"ひとの生をうくるは難(かた)く、やがて死すべきものの、いま生命(いのち)あるは有り難し"

人間に生まれる確率は 何億分の一。
私達は 数え切れない偶然と無数の先祖の出会いによって、誕生する。
一人ひとりの命が有り難き、奇跡のような存在だと説かれている。

この稀なことを喜び、尊ぶ気持ちが 有り難いという「感謝」の意に移り、今日の「ありがとう」という言葉になったと言われる。

この「命があるからこそ」
悩むことや悲しむことができるし、楽しいこと嬉しいこともある。

きっと 私達が生を終える瞬間、
自然に湧き出てくる言葉も「ありがとう」なのではないかと思う。

喜怒哀楽さまざまに織りなす七顛八倒の人生、今までいろんな有り難いことがあった…
私を支えてくれた人々や 全てのモノに対して、感謝の言葉しかない…。

だから「ありがとう」。
33という歳に刻む。
そして、何よりも「これから」がある。
by kotanimasafumi | 2016-06-15 22:51 | つぶやき | Comments(0)
手抜き
むかし、現役時代の貴乃花(現・貴乃花親方)が、雑誌のインタビューで自身の目標についてこんな感じの話をしていました。

"曰く、自分の目標とするところは「自然」である。自然に生き、自然に土俵に上がり、自然に相撲をとることである。けれども自然であろうと意識してはいけない。それは不自然になってしまう。言葉にするのはむずかしいが、めざすところは自然である、としか言いようがない。"


分かるようで分からない、とても不思議なインタビューだったのを憶えているのですが、最近「こういうことなのかなあ」と思い当たる事例を身近なところで見つけました。

エッセイと呼ばれる分野において、ときどき「肩の力が抜けてる文章」を目にします。
いいなあ、肩に力を入れることなく、すぅーっと筆を走らせてるなあ、すなおで伸びやかだなあ、というような文章。

それが自分がそういう文章を書こうとすると、肩の力を抜いたつもりが、「手を抜いた文章」になってしまうことが多いことに気づきます。

肩の力を抜くことと手を抜くこと。これって5万光年くらいかけ離れた話だけど、やってる当人は意外に気づかなかったりするものなんです。


じゃあその違いはどこにあるかっていうと、肩の力を抜いた人の言葉は「心の観察」に徹していて、手を抜いた人の言葉は「口先の観念」に走ってる。そんなふうに言えるような気がしています。
by kotanimasafumi | 2016-05-24 02:23 | つぶやき | Comments(0)
悩み
誰もが 色々な悩みや不満、心配ごとを抱えている。
仕事のこと、健康のこと、家族、将来の不安など、悩みの種は尽きない。

生きているかぎり、それは避けられないことであり
むしろ、それこそが生きている証。
とはいえ、思うようにならないなと嘆くのも人情。

『人生はな、いろいろあるからいいんじゃ。
みんな何もなかれと願うけれど、何もなくてみい。退屈でかなわんぞ』

これは 曹洞宗の僧侶、余語翠巌(よごすいがん)老師のお言葉。

尽きることのない悩みや不満をどう受け止め、どう処理していくか、、、
それこそが 毎日の生活。
by kotanimasafumi | 2016-01-10 20:57 | つぶやき | Comments(0)
他者への思い
「渋柿のシブが そのまま甘味かな」
という句がありますが、
渋柿はシブがあってこそ、甘柿になれるし
蓮の花は泥があってこそ、きれいな花が咲きます。

自分達は日々 苦労を重ね、思い悩みながら生きています。
だからこそ、
それが「信心」によって、
人生の肥やしとなり
他人の苦しみや悲しみがわかる人間に、
そして、他人の幸せをも願える人間に変わっていくのだと思います。

欲望を自分のためだけでなく
子どものため、家族のため、
と広い心で「大欲」に転じることも大切です。
「自分さえ よければいい」ではなく
「家族がよくなるように願う」

つまり、他人への思いやりを忘れない欲望。
それが自利利他の心。

2016年が良き年になりますように。
by kotanimasafumi | 2015-12-30 23:06 | つぶやき | Comments(0)
カラスと鳩
ある人に
「カラスが、鵜の真似をしても長持ちせんぞ。
カラスはカラスのまんまで、頑張ればいいんだよ」とアドバイスされました。

『鵜の真似する烏(カラス)、水に溺れる 』のことを言っていたのでしょう。
自分はカラスか?と思いましたが、
最近になって、この意味がよく理解出来るようになりました。

「カラスより鵜の方が上等だ」という価値の序列は、
人間が勝手につけたもので、本来は比較出来るものではありません。
カラスはカラスで百点満点、鵜は鵜で百点満点。

自分が授かった姿に落ち着くということ。
それが本来の姿と言うこと。
by kotanimasafumi | 2015-12-19 11:34 | つぶやき | Comments(0)
顔というものは、とても不思議なものです。
顔の造作もよく整い、本人も自分の器量に自信があり
普段のお手入れも怠りなくしている。
それでいて少しくも美しくなく、むしろ嫌悪感さえ感じる顔もあります。

逆に 顔だちはそれほどの美人ではなく、
時には 化粧では隠しきれないほどのアザがあるけれど
何か惹かれる美しさを、思わず振り返りたくなるような明るさや温かさを
たたえた顔があります。

『女あり 二人ゆく
若き うるわし
老いたるは、なほうるわし』
*ホイットマン(アメリカの詩人)

白髪がなくて美しいというわけではない。
シワがなくて美しいというのでもない。
白髪の一本一本に、シワのひと筋ひと筋に、
40年50年の歳月を生きてきた その人の生きざまが輝いて、美しいのです。

『40歳になったら、自分の顔に責任を持て』といったのは
アメリカ大統領のリンカーンだったでしょうか。

昔から諺に「顔は心の窓」というのがありますが、
男性も女性も、その人の長年の生き様が顔に出てきます。
イイ顔になるように、自分の顔には 責任を持たなくてはなりませんと思う今日です。
by kotanimasafumi | 2015-11-04 02:31 | つぶやき | Comments(0)