S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
2014年 03月 22日 ( 1 )
感謝の気持ち
「憧れた最高の舞台に最高の仲間と立っている」。広島県北勢で初の甲子園と言う夢を叶えた広島新庄高校野球部、中林航輝主将の選手宣誓。

野球部発足の1933年の夏、初戦はこの年5年連続で甲子園出場を決めた強豪・広島商だった。
結果は0−47で五回コールド負け。
当時宮庄栄三部長が「泣くな、ラムネを買うちゃる」と泣きじゃくる選手を慰めた逸話が残る。

創部86年の伝統を誇る広島新庄野球部。積雪や部員不足などによる苦難の時代を乗り越えた。
「昔はスキー部を兼部する選手もいた。それでも勝てたのは、自分たちで足りない部分を考える習慣があったから」。
冬は長靴を履いてのランニングや体育館での筋力トレーニングで鍛えるという。

「ずっと昔から厳しい環境で戦ってきたことがチームの原点。先輩方に感謝したい」と迫田守昭監督。

「自分たちの姿が明日への希望となるよう全力で戦う」。
そう中林主将は宣誓を締めた。

県の北部地域から甲子園に出場するのは広島新庄が初めて。
05年に「平成の大合併」で誕生した北広島町のうち、学校のある旧大朝町の人口は3000人ほど。100年以上の歴史を持ち、地域に根付いた学校の快挙に、地元は沸いている。

両親、親戚、学校関係者、地元の支援、何より仲間が後押しする。
感謝の気持ちを忘れず誇りを持って戦い抜いてほしい。
by kotanimasafumi | 2014-03-22 09:54 | つぶやき | Comments(0)