S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
-己に克ちて礼に復るを仁となす -
e0149941_17230951.jpg
平成最後の年。

まだ挑戦権を得たに過ぎない。いまだ何かを成し遂げたわけではない。
道半ば、ここで満足してしまうわけにはいかない。まだまだやらなければならないことはたくさん残っているはずだ。
勝負はここからが本番である。他者にはもちろんのこと、まずは自分自身に負けないこと。
そのためにも克己心を持ってより自分を高めていこう。
そうすればきっと素晴らしい結果が待っているはずである。
常に自問自答をしてみよう…「今日の自分を超えることができただろうか?」と。

礼を失っては"失礼"

ましてや無くしてしまっては"無礼"な態度だということ。

さらには形だけの例は"虚礼"ということ。


即ち私利私欲に打ち勝ち、我儘を貫く事なく、自分勝手な振る舞いをしない。
社会の規範である礼に準じて行動することが仁である。

自分の身勝手を行わないように、心では自分というものを引き締め、この克己復礼で仁を行うことができたら、この己の身勝手に打ち勝って自分が礼を実践し得るようにすることは、結局、自分の力によってできる事であって、他人の力に俟ってできるものではない。
すべて、人の身に具わった心の働きによるもので、いわゆる「我仁を欲すれば、斯に仁」が行えるのであると。
思いやりは目に見えない。それを目に見せる方法こそが、挨拶やお辞儀といった「礼」。
そう、仁は「こころ」であり、礼は「かたち」。

現代は物質が豊かになり、眼に見える楽しみがいっぱいあることは良いことだが、
眼に見えない人を大切にする行動、
お墓参りしたり、仏壇や神棚に物飯をささげる行為は、
具体的生活に見える利便性や合理性は無いが「礼」の実践に違いない。

この挑戦権を与えてくれた方々に感謝。


by kotanimasafumi | 2019-01-04 16:35 | つぶやき | Comments(0)
<< 定義すること 2019 >>