S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
記録的豪雨
これまでにない経験のような豪雨が広い範囲を襲った。
西日本を中心に、土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、
多くの犠牲者が出ており、刻一刻とその状況は危機的状況へと変化していく。
住宅のほか鉄道や道路などインフラも甚大な被害を受け、不明者の捜索を急ぐとともに、これ以上被害が出ないように警戒を強める必要がある。

6日以降、広島県をはじめとして岡山、鳥取、福岡、京都などの11府県に大雨特別警報が発令。
「重大な危機が差し迫った異常事態」と、気象庁が強く警戒を訴えた通り、記録的な降雨量に見舞われた。

--
□平成30年7月8日 気象速報 広島地方気象台
https://www.jma-net.go.jp/hiroshima/siryo/20180709_sokuhou.pdf

7月3日0時~8日12時までの総降水量は、呉市蒲刈517.5mm、三原市本郷490.5mmを観測。
7月5~7日の72時間雨量を見ても広島県内広く400mmを超えている。
場所によっては600mmに迫り、観測史上最大の雨量を記録したと所も多くそれは広島県内だけに限らず岡山や愛媛をはじめ瀬戸内周辺の地域に広く分布。
5日未明から本降りの雨が降り続け、台風によってすでに先行雨量で200mm近い大雨となり地盤がすでの相当緩んでいたところに
6日夕方と7日早朝の2度、非常に激しい雨のピークが襲うという例年にない状況。
6日夕方から7日朝までの半日ほどで350mmを超える記録的な雨量。
--

夜明けとともに各地の甚大な被害状況が伝えられ、言葉を失った。
4年前の2014年8月の広島土砂災害と異なり、局所的ではなく広範囲に強い雨が降り続くという…まさか。
あちこちの駅が冠水し、線路が流され、道路が泥水色に変わり、家々がなぎ倒され、車が流され、どこが川でどこが道路で普段の水位はどのくらいか全く分からない状況が戦々恐々とニュースに流れる。
あちこちが陥没、土砂崩れなどで通行止めが続く。
e0149941_05381324.jpg
e0149941_05384333.jpg
--
□中国地方の国道の通行止め区間 / 国道事務所
http://www.cgr.mlit.go.jp/mkisha/cgi-bin/kisha.exe
□中国地方の高速道路の通行止め区間 / NEXCO西日本
http://www.w-nexco.co.jp/
htt://ihighway.jp/web/
--

多くの被害者が出ており、交通網が寸断され、停電や断水などインフラを断たれた地域もあり、生活がままらない中で、まずは身辺の状況把握と的確な判断が欠かせない。
危険を感じたら避難すべきだが、動くとかえって危険な場合は、とどまって建物の上の階にいるなど、冷静な行動をとる必要がある。
被災地では警察や消防など自衛隊が4万8千人態勢で捜索や救助活動に当たっているという。
期待したいが二次被害に十分気を付けて活動してもらいたい。
3年前、国土交通省は明らかに雨の降り方が変化していることを「新たなステージ」と捉え、
防災の在り方を示した。
広島土砂災害を引き起こした線状降水帯による集中豪雨をはじめ、雨の局地化・激甚化が全国で顕著によるもの。
「命を守る行動を」という呼びかけが、九州などで災害が発生するたびに叫ばれるのを耳にしてきた。
他人事ではなく、防災の心構えと万が一の際の行動をいま一度、胸に刻む必要がある。
被害を食い止め、復旧を急ぐことは大事だが、同時に地域を点検し直すことも必要。
防災士をはじめ、地域の防災リーダーを育成し、実際に動ける体制を構築し、災害に強いまちづくりを願う。

□土砂災害ポータブルひろしま
http://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/portal/top.aspx
□広島県土砂災害危険情報
http://www.d-keikai.pref.hiroshima.lg.jp/public/Top.aspx
□広島県防災WEB
http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/

by kotanimasafumi | 2018-07-08 04:24 | つぶやき | Comments(0)
<< 災害時に役立つ情報 七夕 >>