plug
by kotanimasafumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
経年について
経年変化を考える。

建築で経年というと経年劣化ということが連想されがちですが、
"経年変化"と"経年劣化"

言葉の意味としては、"経年変化"も"経年劣化"も、
結局は、"摩耗" "腐食"など、朽ちる。ということになるのですが、
一方では、
"味わい" "哀愁" "こなれる" など、その劣化を"良し"とした表現もあります。

そもそも建築は、自然と人の真ん中にあって、自然の環境をその外皮で受け止め
中の人の暮らしを守る「器」です。

その中の人は、家族の成長に伴って変化し、暮らしのリズムも変化するから
器も共に変化してもいいのではないか。
それが年月とともに思い出を重ねていく。

という考え方として、"味わい"とか"哀愁"という表現につながっているのだと解釈しています。

どんな材料も朽ちないものはないわけだし、朽ちないように見える材料もなんだか不自然で、
やはり、経年で変化していくものがいいと設計者として思っています。

特に住まいで、手で触れる部分や、街並みと触れ合う外皮については、特にそう思います。
すれて、ピカピカになった敷居や、こすってツルツルになった柱。やっぱり理屈抜きでいいです。
そんな「住まい」がいいなと思っています。
by kotanimasafumi | 2017-09-02 05:25 | つぶやき | Comments(0)
<< 敷地について 夏の雅 >>