S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
平和宣言
「平和宣言」

広島平和祈念公園には
核兵器がなくなるまで燃え続ける
「平和の灯」がある。

人々を照らすその灯りは失望の灯り。
希望の灯りにくるのはいつになることだろうか。

今年は核兵器廃絶に向けた国際機運の高まりを受け、
核保有国から米、英、仏の代表が平和祈念式典に参列。
更には国連の事務総長も参列するという一つの区切りとなる
式典になったのではないだろうか。
確かな希望とは裏腹に、
米大使の無言のままの離広は65年たっても変わらない
米社会の現状を雄弁に物語る。
国連、各国の代表に
原爆の威力ではなく、
キノコ雲の下であった人間的惨劇は伝わったのだろうか。
65年の歳月。
「やっとここまで来た」という感は強まる。
それは瞬時に
「急がなければ」という焦燥感に変わる。

謝罪であるとか言葉ではない
もっと主体的で意欲的な行動を期待する。
そんな中、秋葉市長が行った今年の平和宣言は感慨深かった。
・65年前の惨劇を繰り返さないという新たな決意
・非核三原則の法制化
・核の傘からの離脱
・キメ細かい被爆者援護策の追求
・核兵器禁止条約の締結
・2020年に向けた核兵器廃絶等々
広島弁で始まった平和宣言は、
被爆者、国民、政府、核保有国、戦況各国、全ての国々、すべての人類に
新たな誓いと、提案と指標を提示したと思われる。
この日が歴史の区切り点だったと云われることを願う。
by kotanimasafumi | 2010-08-07 00:48 | せいかつ | Comments(0)
<< 犬島時間 決意の日 >>