plug
by kotanimasafumi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
瑞雲

瑞雲w

昔から良いことが起きる前触れの一つと言われ、この現象が現れる事は吉兆だと言われる現象。
この大変な時期に「よく頑張っているね!」「そのままで大丈夫」というメッセージか…?

どちらにしても、神秘的な風景w

e0149941_10055421.jpeg


# by kotanimasafumi | 2018-07-28 10:06 | せいかつ | Comments(0)
斜面崩壊


# by kotanimasafumi | 2018-07-21 10:02 | いろいろ | Comments(0)
無力さの自覚

あの時、Twitterのタイムラインで救助要請のツイートを見ていた。

西日本豪雨によって自宅が浸水し、避難できずに取り残されている人の言葉だ。

「早く助けてください」

心が痛んだ。

その方のプロフィールと、豪雨前のツイートを読む。

たぶん、自分よりずっと若い女性だ。

今はご家族と自宅の2階にいて、2階も浸水しはじめている。

早く、一刻も早く、安全なところへ行って安心したいだろう。このままじゃ死んでしまうかもしれない、という恐怖に震えているかもしれない。

助かってほしい。Twitterの画面の見つめ、念じる。

だけど、自分にはどうにもできない。

リツイートしようとしたとき、その救助要請ツイートに対して他の方が「この方は無事に救助されたそうです」と引用リツイートしているのを見つけた。


良かった。


いや、その方にとっては、災害に遭わないほうが良かったに違いない。

でも、救助されないよりは、救助されて良かった。

すべての人が、無事に救助されたらいい。暖かいところで、安心して眠れたらいい。

そう願うだけで、自分は何もできない。


e0149941_09250579.jpg

災害が起こるたびに、自分の無力さを実感する。


誰かを救いたいとか、誰かの役に立ちたいと思ったとき、まずは自分の無力さに自覚的であることが必要だとも思う。

無力だからと諦めるのではなく、無力さを思い知ったうえで、自分にできる最善を考えること。


「救いたい」という気持ちを否定したいわけではない。

「救えるはず」という思い込みが、おこがましいと思ってしまう。


自分の善意が、必ずしも相手にとって救いになるとは限らない。

自分の気持ちと相手の気持ちは、まったく別のものだからだ。

妻や両親が自分のためを思ってしてくれたことに対して、「気持ちはありがたいけど、まぁ、ぶっちゃけ嬉しくはないな」と思ったことは、たくさんある。

逆も然り。


自分が善意でやったことが、相手にとっては「たいして嬉しくない」ことかもしれない。


それは、どうにもできない。だからこそ、せめてそのことを自覚していたいと思う。

自分の無力さを自覚せず、自分にできる「救済」が相手にとっても「救済」になると思い込むと、例のスラム街観光で炎上した大学生みたいになる。


「自分の知らない世界を見てみたい」という欲求そのものは、否定しない。知的好奇心は誰にでもあるものだし、他人が否定するべきではないと思う。

ただ、それはあくまでも「自分の欲求」だ。


「貧困の子供たち」や「日本のジャーナリズム」への貢献には、残念ながらなり得ないだろう。彼らが企画した程度のこと(現地の子どもとの交流、映像作品の制作)では、他者や社会に貢献できないと思う。

彼らは、自らの無力を自覚したことがないのだろうか?


自分の無力さを自覚するのは、決してネガティブなことではないと思う。

無力なりにできることは0ではないし、自覚しているからこそ「善意を押しつけない」ことに注意深くいられるかもしれない。



# by kotanimasafumi | 2018-07-14 09:26 | つぶやき | Comments(0)
災害時に役立つ情報

□豪雨被災地で災害時無料Wi-Fiについて


--

□豪雨災害によるボランティア募集について

--

□浸水・冠水したHV車とEV車「感電注意!」について


--

□水害時にやるべきこと・やってはいけないこと

--

□カップ麺は水で作れるなど災害時に知っておきたいこと

--

□水害時の消毒について

--

□水、食事、病気 被災地の衛生管理で気をつけるべき6つのこと



# by kotanimasafumi | 2018-07-10 05:54 | いろいろ | Comments(0)
記録的豪雨
これまでにない経験のような豪雨が広い範囲を襲った。
西日本を中心に、土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、
多くの犠牲者が出ており、刻一刻とその状況は危機的状況へと変化していく。
住宅のほか鉄道や道路などインフラも甚大な被害を受け、不明者の捜索を急ぐとともに、これ以上被害が出ないように警戒を強める必要がある。

6日以降、広島県をはじめとして岡山、鳥取、福岡、京都などの11府県に大雨特別警報が発令。
「重大な危機が差し迫った異常事態」と、気象庁が強く警戒を訴えた通り、記録的な降雨量に見舞われた。

--
□平成30年7月8日 気象速報 広島地方気象台
https://www.jma-net.go.jp/hiroshima/siryo/20180709_sokuhou.pdf

7月3日0時~8日12時までの総降水量は、呉市蒲刈517.5mm、三原市本郷490.5mmを観測。
7月5~7日の72時間雨量を見ても広島県内広く400mmを超えている。
場所によっては600mmに迫り、観測史上最大の雨量を記録したと所も多くそれは広島県内だけに限らず岡山や愛媛をはじめ瀬戸内周辺の地域に広く分布。
5日未明から本降りの雨が降り続け、台風によってすでに先行雨量で200mm近い大雨となり地盤がすでの相当緩んでいたところに
6日夕方と7日早朝の2度、非常に激しい雨のピークが襲うという例年にない状況。
6日夕方から7日朝までの半日ほどで350mmを超える記録的な雨量。
--

夜明けとともに各地の甚大な被害状況が伝えられ、言葉を失った。
4年前の2014年8月の広島土砂災害と異なり、局所的ではなく広範囲に強い雨が降り続くという…まさか。
あちこちの駅が冠水し、線路が流され、道路が泥水色に変わり、家々がなぎ倒され、車が流され、どこが川でどこが道路で普段の水位はどのくらいか全く分からない状況が戦々恐々とニュースに流れる。
あちこちが陥没、土砂崩れなどで通行止めが続く。
e0149941_05381324.jpg
e0149941_05384333.jpg
--
□中国地方の国道の通行止め区間 / 国道事務所
http://www.cgr.mlit.go.jp/mkisha/cgi-bin/kisha.exe
□中国地方の高速道路の通行止め区間 / NEXCO西日本
http://www.w-nexco.co.jp/
htt://ihighway.jp/web/
--

多くの被害者が出ており、交通網が寸断され、停電や断水などインフラを断たれた地域もあり、生活がままらない中で、まずは身辺の状況把握と的確な判断が欠かせない。
危険を感じたら避難すべきだが、動くとかえって危険な場合は、とどまって建物の上の階にいるなど、冷静な行動をとる必要がある。
被災地では警察や消防など自衛隊が4万8千人態勢で捜索や救助活動に当たっているという。
期待したいが二次被害に十分気を付けて活動してもらいたい。
3年前、国土交通省は明らかに雨の降り方が変化していることを「新たなステージ」と捉え、
防災の在り方を示した。
広島土砂災害を引き起こした線状降水帯による集中豪雨をはじめ、雨の局地化・激甚化が全国で顕著によるもの。
「命を守る行動を」という呼びかけが、九州などで災害が発生するたびに叫ばれるのを耳にしてきた。
他人事ではなく、防災の心構えと万が一の際の行動をいま一度、胸に刻む必要がある。
被害を食い止め、復旧を急ぐことは大事だが、同時に地域を点検し直すことも必要。
防災士をはじめ、地域の防災リーダーを育成し、実際に動ける体制を構築し、災害に強いまちづくりを願う。

□土砂災害ポータブルひろしま
http://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/portal/top.aspx
□広島県土砂災害危険情報
http://www.d-keikai.pref.hiroshima.lg.jp/public/Top.aspx
□広島県防災WEB
http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/

# by kotanimasafumi | 2018-07-08 04:24 | つぶやき | Comments(0)
七夕

今日は七夕。


七夕には願い事をしよう。

簡単で良いから。


自分は年がら年中、願い事してるけどw

願う事は叶う事。

逆に言えば、願わないと叶わない。


--

ELLEGARDEN「Make A Wish」(一部抜粋)

…Let's make a wish
Easy one
That you are not the only one
And someone's there next to you
holding your hand…

--


簡単で良いから、願い事をしようゼ。

いつもそばにいる人が幸せでありますように。

ご飯いっぱい食べれますように。

もう雨が降りませんように。

もう地震も来ませんように。

安心して眠れますように。

美味しい、かつ丼が食べれますように。

もっと広い部屋に住めますように。

お金たくさん稼げますように。

などなど…


全部、勝手な自分の願い事ですけど、

一個じゃなくて良いんだと…

なんでも良いと思う。

なんでも良いから。

願い事をしよう。


--

ELLEGARDEN「Make A Wish」(一部抜粋)

…Make a wish
You'll be fine
Nothing's gonna let you down
Someone's there next to you holding you
Along the paths you walk…

--


願い事って、一種の元気玉みたいなもんだと思うんです。
それが誰かに届いて、その誰かのやる気と元気になって、その元気がまた誰かの元気になって、願い事になって繋がっていく。
そして今度は自分が誰かの願いを叶える番になって、いつか自分に帰ってくる気がして。

僕は年がら年中願い事してるんです。

そうなったら、楽しいから。

誰かの願い事を自分が叶えられたら、楽しそうだ。



豪雨の七夕。

星は見えなくても、夜空を見上げて見てください。
どこかで、誰かが、同じ様に、同じ夜空を、見上げてるから。

“皆んなの、願い事が一つでも多く叶えられますように”




# by kotanimasafumi | 2018-07-07 05:26 | つぶやき | Comments(0)
なんとなく

なんとなく好きな雰囲気の家。
なんとなく住みやすそう。


今日ご相談に伺った際に話してくれた「なんとなく」はとても正直でとても嬉しいことばでした。

シラスの左官壁とシナ材の優しい肌触り。
その素材感がやさしい空間を作ってくれています。
こういうやさしい雰囲気がなんとなく好き、そういう表現でも充分。


逆になんとなくモヤモヤする、というのも大事。


家づくりをする上で、嫌な気持ちに蓋をすると、生活を始めてからその蓋は開いてしまいます。

なんとなく、を読み取りそれを図面化、言語化、視覚化するのが建築家である自分の仕事。
それを暮らしの中から読み取るのもとても面白いものなのです。


# by kotanimasafumi | 2018-06-10 06:45 | つぶやき | Comments(0)
志願
使命を終えて帰路につく…
青い大空に向かってw

使命感が宿す勇ましさ!
そりゃその勇姿を見たら誰しも憧れるって…。

e0149941_06145239.jpg
e0149941_06152611.jpg
e0149941_06150492.jpg
e0149941_06151001.jpg
e0149941_06151508.jpg
e0149941_06152248.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-05-21 06:18 | せいかつ | Comments(0)

朝は儚く、
昼は優しく、
夜は妖しい。


本気を出した桜の”女っぷり”は半端ない…。


桜泥棒…。

e0149941_06052705.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-04-05 06:06 | たび | Comments(0)
終わりの始まり

1月は、往く。

2月は、逃げる。

3月は、去る。


2018年が始まって3ヶ月。

90日余りが消化して、3月も早今日で最後。

特にこの時期は移り変わりのある独特な空気感ある日々かと思います。
卒業というワードが飛び交ったり…。


環境的には何も変わらないけど、意識的には変わっていけたらと思います。

今日で何かが終わったとしても明日からまた何かが始まる。
変化があったとしても不安抱えるよりワクワクを持っていけたらいい。

e0149941_09262433.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-03-31 09:26 | つぶやき | Comments(0)