S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
歩行禅

夜に散歩へ出かける話。


取り組んでいることが行き詰まったり、考えが煮詰まったりした際、「なんとなく出歩く」ことで、脳は散らかった頭の中を整理するらしい。日本では古くから「歩行禅」と呼ばれているのだそう。


自分の住む地域は広島市内から車で20分程度の郊外団地だけど、田んぼもあったり、緑地や公園がいくつもある。

山々に囲まれ、市街地の雑踏から離れたい時の憩いの場探しには事欠かない。

「自然の中」というには人工物が目につきすぎるが、静かな場所を求めるには十分だ。

物思いにふける時や、頭をからっぽにしたい時など、「ここではないどこか」に行きたい気分になると、ささやかな自由を求めて散歩に出かける。

ただし、昼間に出かけることは滅多になく、白み始める前の早朝だ。
そんなどこかナイーブな趣味を、かれこれ2年は続けている。

日課というほどコンスタントではなく、あくまで「なんとなく」出かける。

リフレッシュにおいて、ささやかな自由をいかに自然体をもって得られるかが私にとっては大切なのである。

早朝でも、犬の散歩している人もいればウォーキングを嗜む人もいるし、思い思いのスタイルで歩く。


とはいえ、その散歩はお気楽な動機からくるものではなく、大抵の場合が自分がいっぱいいっぱいの時だ。

若輩ながらあれこれと複合的な思案が絶えない境遇にあるせいか、特定の場所に居心地を求められない心境を常に抱えている。

なので、そんな風にどこへともなく赴くままに出歩くことが、気分を落ち着かせる方法になっている。

誰に話して良いものかわからないこと、そもそも話すべきか、話さないでいるべきかもわからないこと、言葉にした途端に蒸発してしまいそうな微妙なニュアンスを帯びたこと。
「なんでも話せる間柄」なる人物がいたとしても、ついぞ口にすることはないそれらを連れて、益体のない時間をただ過ごす。

それらに気を向けるうえで日中は外的刺激が多過ぎるため、身体からごく狭い範囲に注意が向くようになる朝、その時間が呼んでくる暁の中、外に出る。

もうそろそろいい加減にと思いながら、意識の真ん中で未だに居座る事柄を思案する毎日。

本当、こんな繰り返しがいつまで続くんだろうと途方に暮れては、同じくこんな事をいつまで続けるんだろうと思いながら朝を歩く。

きっとそれが今の自分を自分たらしめている事柄とイコールの関係でもあるから、その状況から脱せない限りは常に考えざるを得ないという事もわかっている。

ぐちゃぐちゃで、噛み合う事も、交わることもない要素で満ちた事柄を持て余しているという事は、自分自身を持て余しているという事と同義である。

今でこそそんな状況なのに、この先このような事柄がもっと増えていくのかと思うと辟易してしまう。増えるばかりか、今抱えている事はこの先一生をかけて肥大化していくことが明らかなのだ。

普段は考え方次第とも気の持ち様とも、自己暗示の方向を強引に変えて余所行きの日常を過ごしているが、いざ個人の時間を過ごすと、嫌になる程それらが降りかかってくる。もっとも自由に使えるはずの無用の時間が、自分にとってはもっとも苦痛なのだ。

だから自分は、自分の時間を、自分を塗り潰すようにまだ薄暗い道を歩く。うっすらと見える道に、まるで自分が消え入るかのような感覚を求めて。

誰もおらず、誰の目にも触れず、誰を気にかけずとも良い空間に、自分という意識が溶けていくその感覚が唯一の安らぎだ。それが、自分が存在すること自体に覚える堪え難い苦痛を和らげられる唯一の方法なのだ。


自分であることを自覚した上で安らいだことなど何一つない。喜怒哀楽でさえそうだ。自分が消え入るかのような感覚を抱く時、ただ無に近づく時にしか自分の安らぎはない。ささやかな自由とはそのことだ。

ああ。歩きに行こうかな。


# by kotanimasafumi | 2019-03-07 05:15 | つぶやき | Comments(0)
熱気球
e0149941_04413769.jpg
e0149941_04414400.jpg
e0149941_04414970.jpg
e0149941_04415522.jpeg
e0149941_04420043.jpg
色とりどりの熱気球が朝焼けの大空に舞い上がるw
上空に吹く風の性質を見極め、瞬時にその風に向かってバルーンを上下させる高度なテクニックw
優雅に空を舞う熱気球を見るとその日は良いことがありそうって思える…

# by kotanimasafumi | 2019-02-24 04:41 | たび | Comments(0)
定義すること

ある現象を観察してそこにある共通性を発見し、定義を自分の中に作り出す。人の思考はその積み重ねで成り立つ。
赤ん坊を観察するとそれがよく分かる。
これは何をするもの、これはあれと同じ、これはもしかしたらあれかも。

大人になると意識しないかもしれないが、自分の中の定義は日々更新されている。例えば、自分がある人を好きだ、というのも定義だ。そう定義することで自分の欲求を説明できる。いつしか定義と現象が乖離するようになれば、定義を書き換える(私はあの人をもう好きではない)。
また、定義は他者と共有することを求められる。ルール、マナー、道徳、宗教、社会、法律。定義は拡張される。

定義を共有することによるメリットは大きく、人類はそれによりここまで発達した。
そのうちに、定義を勝手に作ったり書き換えると、社会に良くないことを学ぶ(これも定義だ)。

しかし本来、定義は自分が生きるために、赤ん坊の例のように、積極的に自ら作り出すものだ。

定義を作り出す。現象に合わなければすぐに書き直す。
これはクリエーションだ。

定義を共有することも意味がある。
また、自分なりの定義を次々と生み出し、更新していくことも、人が生きるために必要なことだ。

クリエーションとはそういうことではないだろうか。


# by kotanimasafumi | 2019-02-08 22:54 | つぶやき | Comments(0)
-己に克ちて礼に復るを仁となす -
e0149941_17230951.jpg
平成最後の年。

まだ挑戦権を得たに過ぎない。いまだ何かを成し遂げたわけではない。
道半ば、ここで満足してしまうわけにはいかない。まだまだやらなければならないことはたくさん残っているはずだ。
勝負はここからが本番である。他者にはもちろんのこと、まずは自分自身に負けないこと。
そのためにも克己心を持ってより自分を高めていこう。
そうすればきっと素晴らしい結果が待っているはずである。
常に自問自答をしてみよう…「今日の自分を超えることができただろうか?」と。

礼を失っては"失礼"

ましてや無くしてしまっては"無礼"な態度だということ。

さらには形だけの例は"虚礼"ということ。


即ち私利私欲に打ち勝ち、我儘を貫く事なく、自分勝手な振る舞いをしない。
社会の規範である礼に準じて行動することが仁である。

自分の身勝手を行わないように、心では自分というものを引き締め、この克己復礼で仁を行うことができたら、この己の身勝手に打ち勝って自分が礼を実践し得るようにすることは、結局、自分の力によってできる事であって、他人の力に俟ってできるものではない。
すべて、人の身に具わった心の働きによるもので、いわゆる「我仁を欲すれば、斯に仁」が行えるのであると。
思いやりは目に見えない。それを目に見せる方法こそが、挨拶やお辞儀といった「礼」。
そう、仁は「こころ」であり、礼は「かたち」。

現代は物質が豊かになり、眼に見える楽しみがいっぱいあることは良いことだが、
眼に見えない人を大切にする行動、
お墓参りしたり、仏壇や神棚に物飯をささげる行為は、
具体的生活に見える利便性や合理性は無いが「礼」の実践に違いない。

この挑戦権を与えてくれた方々に感謝。


# by kotanimasafumi | 2019-01-04 16:35 | つぶやき | Comments(0)
2019
e0149941_17241189.jpg
謹賀新年 | 克己

" - 総じて人は己に克つを以って成り、自ら愛するを以って敗るるぞ - 西郷隆盛 "

人間は成功が続いてしまえばしまうほど、自分を磨き高めることを忘れてしまう弱い面があると思います。
しかも、その弱さは決して最終到達点ではないにも関わらず心のうちに芽生えてくることが多少なりともあること。
だからこそ、大きな成功に到達する人はごく僅かなもの…。

ある程度のレベルに達すると知らず知らずのうちに向上心を忘れてしまう。
これはどの世界でもよくあることで、まだ何も成し遂げていないうちに満足感を得てしまい、その後の成長に支障をきたしてしまう。

己(おのれ)に克(か)つ心、『克己心(こっきしん)』の原点とは自分の力はまだまだ不十分だという自覚である。
世の中で成功している人は、必ずと言っていいほど強い克己心を持っている。
それは、克己心の内側にあるものが「自分を高めたい。弱い自分に打ち克ちたい」という熱意だからである。
みんなはこうした気持ちを持てているだろうか。

自分を周りとの比較で見つめているだけだと、この克己心を持ち続けていることは難しい。
勝負の世界においては周囲との比較は最重要なことではない。
なぜなら、超えるべき相手、超えなければならない相手は敵ではなく今日の自分自身。

勝つ為ではなく克つ為に。

欲望の赴くまま漫然とする日々ではなく、
目標達成に向かう"道筋"から外れる"邪心"を"振り払い"、弾みをつけるために"己克心"を活かします。

今年も一心不乱にお付き合いを、心よりお願い申し上げます。
平成己亥
# by kotanimasafumi | 2019-01-01 03:17 | Comments(0)
インプットとアウトプット

入り口 と 出口


input と output とも言いますが、
"情報を仕入れて、知識として定着させるためには、

話す。書く。発信する。など外に向けて話してみると

アレ、ここどうやったっけ。。という情報の抜け、
アーそうだったんか。。 と理解の抜けの補完。

ができるようになる。なので、間違っていてもどんどん
アウトプットして情報を知識として定着させましょう。”


ということですが、
インプットが良いとアウトプットの精度、質も向上する。

という当たり前のことを再認識することが最近多い。です。

良いも悪いも。


今までの常識を再度仕入れ直すことも含めて、
良質インプット、新しい情報にブラッシュアップする事しか

新しい、強いアウトプットはない。


…と思います。


# by kotanimasafumi | 2018-12-16 11:35 | つぶやき | Comments(0)
"記憶の解凍"

"記憶の解凍 -カラー化写真で時を刻み、息づきはじめるヒロシマ-"展に行ってきました。


色は記憶の中に生きるヒロシマが、
白黒の遠い昔のようでそうではないアノときの生きる人々のリアルな生活がそこにあったことを教えてくれる…。


街のにぎわいや駆け回る子供の歓声、家族の絆は想像するしかないけれど、
その写真の静けさが一瞬のうちに失われたものの大きさを物語る…。


e0149941_05320568.jpg
e0149941_05321735.jpg
e0149941_05322851.jpg
e0149941_05324196.jpg
e0149941_05325288.jpg
e0149941_05330688.jpg
e0149941_05331872.jpg
e0149941_05332429.jpg


# by kotanimasafumi | 2018-11-30 05:33 | たび | Comments(0)
紅葉

紅葉には、こうよう と おうよう がある話。

紅葉というと、赤に色づく葉っぱを一般的には指しますが、
黄色に色づく 『おうよう黄葉』があります。

広島では中心部の平和大通りが 銀杏が黄色に色づき道路が
黄色に染まる紅葉が名物ですが、

この、黄色、赤色に色づく葉っぱは、緑からいきなりそれぞれの色に移行するだけでなく、緑→黄→赤 と変色するものもあります。


ステップとしては、

1、緑;クロロフィルが分解され

2、黄;カロチノイドが分解され

3、赤;アントシアニンの合成

という順で進みます。


この中で、1と3 1と2 1、2、3と進むもの。

という分類で別れます。

そして、一番大切なのは、温度差。そして光

秋晴れで、日中光が十分あり、気温も上がったその夜

放射冷却で、気温が下がる。 温度差が大きい。

これが、鮮やかな色が出る要素です。


なので、山の紅葉は美しい。 ということですね。

今年もまた美事に紅葉してくれました。

e0149941_15053867.jpg


# by kotanimasafumi | 2018-11-28 15:03 | たび | Comments(0)
「要求される仕事の期待値」

知人に何人かの建築家がいて、それぞれタイプは違うが天文学的に尊敬している。

建築家のクリエイションが特殊なのは「感覚と同時に実務が伴う」という点かもしれない。

そこだけは自分的には到底想像できない。

ミュージシャンやダンサーのように肉体一つで勝負するカッコよさとは違う凄さ。

力学的に正しく、予算と工期と法規を守り、その上でいいデザインを完成させる。


別の側面から言えば建築は数億、数百億かかるってこともある。

ポイントはそれだけの予算をかける仕事を誰に頼むか、には決定的な根拠が必要だってこと。

ここはどんな仕事にも共通していて、ギャラが10万円の仕事を10年やっていてもキャリアにはならない。

10年頑張ったから能力が上がったかというと上がっていない。

「要求される仕事の期待値」が変わってないからだ。

それより、100万円の仕事を5回した方がいいかもしれない。

相手が会社の経費としてそれだけ払う価値があるかを、目を皿のようにして見ている。

その中で仕事をしていれば能力は上がると思う。


# by kotanimasafumi | 2018-10-18 05:26 | つぶやき | Comments(0)
はつかいち花火大会
豪雨災害の影響により夏の風物詩はあちこちで中止になる中、廿日市の夜空に情熱の咲彩が打ち上るw

2尺玉3発を含む7000発は圧巻のド迫力!!!
やっぱり日本の花火は世界に誇れると思った花火…w

この空に舞い散る「祈り」…
美しい初秋のひと時に感謝w
e0149941_10413848.jpg
e0149941_10415129.jpg
e0149941_10415955.jpg
e0149941_10421313.jpg

# by kotanimasafumi | 2018-09-16 11:02 | たび | Comments(0)