S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
my web site >
twitter >
bookshelf >
カテゴリ
せいかつ
しごと
けんちく
でざいん
めでぃあ
たび
ふぉと
つぶやき
おしらせ
いろいろ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
記事ランキング
画像一覧
年賀状

自分がこんな事を言うのは
少しおかしく感じるかもしれないが
意味」のない事も、時には必要だ。


例えば年賀状。正直いまの時代だと
年賀状はあまり意味のないものとされており
電話で話す事もできれば
LINEで「あけましておめでとう!」と
簡単に送る事ができる。


しかし、自分は年賀状が好きだ。
年賀状を書いている時には、
相手の顔が頭に浮かび、「あいつ元気かなぁ」
「最近はどんな生活を送ってるんだろう」
と考えながら、相手のことに没頭する。
そうして挨拶と思いを書いた年賀状には
言葉以上の何かが詰まっているだろうし
相手から届いた年賀状を読めば
心がほっこりとする。
「あいつに負けてられねえな!
 今年も頑張ろう!」
とエネルギーを注入する事もできる。


もしかすると
周りの人達が「意味のないもの」としている事
が自分にとって「意味を持つもの
かもしれない。


他者に理解されない事も自分にとって
必要なのであれば、
それを必要とする自分を愛そう。


# by kotanimasafumi | 2020-01-04 17:08 | つぶやき | Comments(0)
2020
2020_e0149941_10492638.jpg

謹賀新年 | 志事

「志」とは?
心に決めて目指していること。
言い換えると、自分の姓名の存在の意義を信じ、
その個性を社会に生かして自身の生命を全うしようとする想い。
見えないけど、一人ひとりの魂が発する、この世界に存在する力だと思います。

志事に携わる時、
夢中になって個性を発揮する喜び、
自分の存在を実感し、人生を楽しみながら、事に仕える喜び、
魂がふるえるような感覚が、
あるのだと思います。

令和の新時代が幕を明け、改めて梅花のように志事の精神を忘れまいと感じます。
令よき和みのある年になるよう一日一日を積み重ねていく所存です。

今年もONE TEAMでお付き合いを、心よりお願い致します。
令和庚子

# by kotanimasafumi | 2020-01-01 10:34 | せいかつ | Comments(0)
面接

人生の中で、面接を1度もしたことがないという方は少ないと思う。

学生時代の面接、社会人になってからの面接。

様々な場面での面接がある。


自分自身は、あんまり人と話すことが得意なほうではないので、高校受験の時の面接や、はじめてのアルバイトでの面接はかなり緊張したことを先日していた受験に関するニュースを見て思い出した。

願書や履歴書に書いたことをしっかり言えるかな?もし、考えてもなかったことを聞かれたらどうしよう?などの不安があったと思う。


しかし、難しく考える必要はなく、面接というのは、漢字の通り『面を接する』ということで、

ようは初対面の人(学校、企業)にいかに自分のことをプレゼン(アピール)出来るかどうかということ。

プレゼンというと少し難しいイメージがあるが、難しく考える必要はなく、素直に自分の情熱を相手に伝えればいいことだと思う。

もちろん、身なり格好や最低限の礼儀やマナーは必要かと思うが、それを踏まえた上で自分の情熱を相手に伝えればいいということ。

・なぜ、この学校、企業に入りたいのか
・この学校、企業に入って何を目指したいのか
・自分がこの学校、企業に入ることによってどのようなメリットがあるのか
・今までの経歴や経験を存分にアピールする

など、とにかく『私が、この学校、企業に入ることでこれだけメリットがあります』ということを『情熱』を持って伝えられればいい。

情熱に満ち溢れた人を見て、『なんだこいつ』と思う学校、企業はほぼいないと思う。


世の中には、色々な学校、企業があり、様々な採用基準や入学方法がる。

もちろん、学歴や経歴、コミュニケーション能力なども必要だが、やっぱり根本は情熱をしっかり持って、相手に伝えられるかどうかだと自分は思う。




# by kotanimasafumi | 2019-12-21 10:15 | つぶやき | Comments(0)
自分の美学

「どんな人と仕事をしたいか?」に尽きると思う。


誰のために自分の時間を捧げるか?でもあるのだけれど、

センスも似たようなものだ。

望まずともセンスは良し悪しで語られることが多いけれども、優劣の話にしてしまうと、すぐにマウンティングの上下関係が始まってしまう。

例えるなら「色」だと思う。赤にこだわりを感じる人もいれば、青だって、緑だって、黄色だって、どれもがフラットで並列だ。

そう考えたときに「美学」がしっくり来た。

価値観でつながる時代とも言われるが、要は「美学でつながる時代」なのではないか、とも思う。

自分の中では「美学=なにを美しいと思うか?」かと思っている。

建築物の機能的な線だったり、植物の有機的な存在だったり、時間の流れかただったり。


美学は、無意識に漏れ出て、溢れ出るもの

美学なんて持ってない


なんて言われるかもしれない。センスの文脈でも語られるやつだ。

けれど、そんなことは絶対にない。「美学=いいもの」というイメージになりがちだけれど、そうではなくて「こだわり」くらいに落とし込んでみる。

時間/締切を守れないのも、ある種のこだわり。

決して自分から謝らず人を責める、というのも自己防衛の類でのこだわりだし、ある種、美学とも呼んでしまえると思う。

意識する/しないに関わらず、その人の美学は如実に現れる。

言葉、立ち居振る舞い、表情、覚悟。視座の高さ。

その中でも、美学には2種類あると思っていて、1つめは相手の美学に感化されて自分の美学を磨く「相対的な美学(デザイン)」。

2つめは周りに影響されず自分の中にある確固たる美学を育てていく「絶対的な美学(アート)」。

どちらが当てはまるだろうか?


「絶対的な美学(アート)」より、自分は「相対的な美学(デザイン)」だった。

戦いかたは個々だろうが、技術/キャリア的に弱者ならば後者でないと勝てない。


今は心惹かれる美学に出会いたい

2020年はこの「美学」と向き合うのも悪くないなと思う。

誰かの美学に感化されて、自分の美学も磨かれる。

それでいい、それがいい。


# by kotanimasafumi | 2019-12-07 10:18 | つぶやき | Comments(0)
秋模様
秋模様_e0149941_10022642.jpg
秋模様_e0149941_10022706.jpg

遠回りと知りて行く道、秋惜む…。

もうすぐ厳しい冬がやってくるけど、大きくそびえる大銀杏はいつものように穏やかな気持ちになる場所…w



# by kotanimasafumi | 2019-11-26 10:02 | たび | Comments(0)
神楽

豊作・豊漁を願い、病気を追いはらう儀式としても古くから舞われてきた伝統芸能 "広島神楽"

華麗で躍動感あふれる舞はもちろん、豪華絢爛な神楽の衣装、そして囃子方の太鼓や笛等、ここでしか味わえない感動体験w
神事としての役割を大切にしながら、大人からこどもまで楽しめるエンターテイメント!!!
広島に神楽があってよかった…
伝統芸能の素晴らしさが受け継がれている!!!

神楽_e0149941_09595041.jpg
神楽_e0149941_10000436.jpg
神楽_e0149941_10003423.jpg
神楽_e0149941_10003365.jpg


# by kotanimasafumi | 2019-10-28 09:58 | たび | Comments(0)
圧倒的な才能は優しい

様々な方々とお会いさせて頂く中で、各ジャンルで素晴らしい才能に出会う事がある。

上手に形容できないが
「この人は明らかに超えている」
と感じる事がある。


その圧倒的な才能とは、正対した時に嫉妬や怖さ、自信喪失等の人間臭い感情をまるで嘲笑うかのように
"純粋な嬉しさ"として僕に目の前の現実を提示する。


ある友人にはその現実を "嬉しさ"と捉えられる僕を称賛する言葉も頂いたが、同時にその嬉しさすらも当人の才能によって"感じさせられていた"と気付くのだった。


当人は対話の中で、その域に達するまでに払った代償や、痛みの大きさ、その素養と教養を構成する別次元の日常性を容易に想像させてくれた。


その壮絶な痛みを知っているからこそ、当人から発せられる言葉には角がなく優しさを纏って僕の胸にスッと入り込む。

当人が幾多の壁を乗り越えて今存在していること
僕に新しい感情を授けてくれたこと

これが"純粋な嬉しさ"を感じた根源だ。


僕の全人格を持ってこの出会いに感謝する。


# by kotanimasafumi | 2019-10-02 05:06 | つぶやき | Comments(0)
着工

いくつか設計のお仕事を進めながら、いくつか現場も同時に動いています。
こう見えてタフなつもりでいるのですが、たまに忙しすぎてクタッとなったり、色々あってヘナッとなったりもします。


それでも現場の様子をみるとまたやる気が出てくるので不思議なものです。


設計段階から何度も打ち合わせを重ねてきて、現場でも大工さんの技術に鍛えられて、ようやくモノになってきました。

残り時間も少なく、ちょっと慌しくなりますがよろしくお願いします。

着工_e0149941_04300974.jpg

# by kotanimasafumi | 2019-09-12 04:30 | しごと | Comments(0)
夏の響

夏の響_e0149941_01332444.jpg
夏の響_e0149941_01332870.jpg
夏の響_e0149941_01333459.jpg
夏の響_e0149941_01334342.jpg
夏の響_e0149941_01333895.jpg
夏の響 -宮島水中花火大会-


たった一瞬の閃きに宿るもの。
ほんの一瞬だけ輝く刹那的な物語であり、そうであるからこそ、その一瞬にはあらゆる角度から見られた花火の物語がある…w
約5000発の花火に寄せられた想いが広島の夜空に響くw


# by kotanimasafumi | 2019-08-25 01:34 | たび | Comments(0)
CARAVAN -Dining BAR & Gibier- 3周年祭
■3周年祭のお知らせ

以前、設計監理させて頂きましたCARAVANからのお知らせです。

8月10日でCARAVANは早いもので3周年を迎えます。

いつも賑わっているお店を見て、携われたことを本当に嬉しく思います。

またこの間多くの方々にご来店頂いているのは、オーナーの手腕によるものと改めて実感しています。

これからも、温かいお人柄で素敵な空間を構築し、地域の皆様に愛されるお店としてご活躍されることを期待しています。


CARAVAN -Dining BAR & Gibier- 3周年祭_e0149941_06015796.jpg
CARAVAN -Dining BAR & Gibier- 3周年祭_e0149941_06020195.jpg
--
おかげさまで、CARAVANは
3周年を迎えることができました
日頃のご愛顧に感謝をこめて

【CARAVAN 3周年祭】
8/8(木)〜8/10(土)の3日間限定
飲み放題つき各コース ¥1000 OFF!

¥4000 ➡︎ ¥3000
¥4500 ➡︎ ¥3500
¥5000 ➡︎ ¥4000

ランチご注文の方には デザートをサービス致します

3周年ノベルティ:
◼︎ワンセット2個入り
◼︎色のチョイスはこちらにお任せくださいね
◼︎ハンドメイド品になりますので既製品のような均一さはありませんが、
二つと無い味わいをお楽しみください

▶︎ご予約はこちらhttps://localplace.jp/sp/t200316196/からもどうぞ

--

"空間に集う
旬を喜ぶ
時を語らう"


CARAVAN -Dining BAR & Gibier-
□場所:広島県広島市佐伯区楽々園2-1-38-202
□営業:AM11:30 - PM14:30 PM17:00 - AM00:00
□休日:不定休
□電話:082-924-4056


これからもCARAVANを宜しくお願い致します。


# by kotanimasafumi | 2019-08-08 05:53 | おしらせ | Comments(0)